ヘッドライン


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) | [EDIT]

5期戦争 所感とかまとめとか

2012.12.16(02:53)
おそらく今期すべての戦争が終わったので、まとめて所感というかなんというか、まとめを書きます。
寝ぼけながら書いているので、読みにくい文章はご容赦をw


まず今期のプレイスタイルとして、
2期以降、ずっと役職プレイでさすがに役職プレイ何度もやってちょっと飽きた。
統合するってことで区切りがいいし今期は役職とかの面倒ごとは御免、
シンプルに気ままに遊びたい、ということでそれでいいと迎え入れてくれた同盟に参加していました。

そんなことなので、気ままプレイをする以上、戦争やる、やらないとかいった
同盟方針に関わることは一切意見しないようにしてました。

おかげで戦争になっても背景とかを気にせず純粋に対戦が楽しめたというか、
2期からまともな戦争をやってなかったのでちょっと不安でしたが
まだなんとか腕(?)は衰えず、大丈夫でした。



vs銀龍会
11/1~11/9 降伏受諾

うちと銀龍会は
5期当初に一触即発があってからいきなり揉め事発生、それから期間限定の停戦協定、
そこからもなんか色々あって、因縁のというか、期間明け即戦争が約束されていたような戦争でした。

ということで、11/1 0時になった瞬間、銀龍会から宣戦布告。
こちらも準備をしていたのでそこから本格的な戦争となりました。

足場はお互いある状態でしたが、
こちらは南西、銀龍会は北東、と真反対の方角同士での序盤の戦い。

とにかく辛かったのが初日~2日目。
敗戦フラグが立ちまくってた気がする。

とにかく銀龍会のメンバーの一人一人が強い。それでいて連携が出来ている。
開戦直後から、銀龍会メンバーの本拠地隣接を次々と取っていったにも関わらず、攻城がすべて差し込まれて攻略失敗。
1日たってこちらが敵を落とした数が0。
加えて、こちらは敵に南西の深くまで侵攻されて何人か落ちてる状態。

殲滅と攻城の着弾差が1秒だと確実に差し込まれて攻城が潰されていったので
着弾差0秒で攻撃するようにしたのだけど、
 ・その時にはすでに1秒差で出した攻城がすべて潰された後で攻城出せる人が減っていた
 ・0秒差で発射できる人が少なかった

ということで、0秒着弾で出す数が少なすぎて援軍を呼ばれる良い的となっていたこと。
加えて、攻城・突の移動速度で反対側の方角に打ち込むとまだまだ移動時間がかかりまくる時勢だったので
着弾差0秒の攻撃には、援軍を詰め込まれて殲滅ごとガードして潰される始末。


これでは埒が明かない。このままじゃジリ貧だということで
敵側で南西に侵攻してドリルしている人、攻城を出してこちらを落としている人、に的を絞って
苦肉を持ったメンバーが最前線に出陣、その場で拠点を建てて一人一人、苦肉で落としていく作戦に変更。

さらに敵の意識を守りに移すように、どこに援軍を送って良いか分からない、援軍の的を絞らせないために
とにかく北東の色々な場所でドリル・本拠地隣接を展開して北東での戦場を広げることに。

このゲームの戦争は
「大人数で一箇所に援軍を集めると、被害を抑えて敵の兵を溶かすことができる」ことから、戦術的な観点からは防衛側が有利。
ただし、戦略的な観点からは攻撃側が有利。とにかく攻めの手数が多い方が勝つ、というシステムになっているので
戦争に勝つためのポイントの1つが、「こちらの攻撃の手を増やす、敵の攻撃を止める」ことにある。
とにかく敵の本拠地周辺をうろちょろして、意識を攻撃から防衛に向かせるようにした。

ちなみに勝つためのポイントの2つ目は「士気コントロール」
これは簡単に言っちゃうと自軍の士気を上げて、敵軍の士気を下げれば勝つ、というもの。
要は、とにかく敵側の萎えることをコツコツやっていくことになる。
萎える要素は勿論、人によって様々だけど、たとえば
前線でドリルしてる人だったら、ことごとく進軍を防がれて前線拠点を壊されたら萎える。
他にも、苦労して落とした敵が、次の日救出されてたら萎える。
味方の落城アナウンスが次々に出てきたら萎える。
などなど。

敵軍の士気が完全に落ちたとき、「降伏」という形で戦争は終わる。
なので戦争指揮を執る場合は、味方・敵、双方の士気コントロールをするのが重要になってくる。

そういった意味では初日、2日目の段階で戦果0の自軍側はけっこう敗戦モードだった。
南西防衛を熱心にやっていたけど、それでもいつ心が折れるかわからない状態だったので
とにかく攻めに転じるための成果が欲しかった。

2日目だったか、3日目だったか、敵側で精力的にドリルをやっていた人が
配下保護になり手が止まる、その後続けてドリルしてる人、攻城を出してる人を狙いうちして
苦肉で落とす。次の人の本拠近くに行って拠点建てて苦肉で落とす、を続けて。

ドリルをしていた敵の本拠地近くはすべて戦場になっている状態にした。
南西防衛組の頑張りでことごとく敵のドリル拠点と足場を潰していった結果もあり、
南西の敵のドリルが目に見えて減ってきていた。
南西で防衛をしていた人が攻めに転じる余裕ができてきた。

こうなって本当に少しづつ、少しづつ、だけど敵の成果をなくし、
敵を一人づつ落として、すべての足場を潰して救出不可能にさせる。(苦労して落とした人が救出されると萎えるので、絶対避けたくて徹底した)
そうしたら次の戦線にうつって落として、救出不可能にさせる。
を繰り返していって8日か9日たった頃、南西はほぼ完全に安全な状態になり、
逆に北東の敵はほぼすべての本拠地が戦場になっている状態にまで持っていくことができた。

ここで第三勢力の介入により(やりとりの概要は後で聞いたけど細かいところは知らない)
敵側の士気が完全になくなり降伏して戦争終了。
けっこう綱渡り的なところもあった上でのなんとか勝利、ってところだと思います。
敵・味方ともほとんどの同盟員が寝る時間削って頑張っていました。

感想としては敵盟主、銀龍さんがマジでおかしいくらい強かった。
こちらの盟主補佐がトイレに行ってお茶を用意してる間の数分で本拠が落とされるという伝説も残す。
デッキ壊されたくなかったので戦場で会いたくなかった人ナンバーワン。直接対決なんてこそこそ避けてましたw





vs Roman~褌~
12/9~12/13 盟主本拠地陥落

銀龍会のメンバーを引き上げて、110人くらいにパワーアップした自同盟。
手ごわい展開になりそうな冥府(すぐに仲秋が出てくると予想していた)戦が意外な幕切れとなったため
次の日、このとき同盟ランク2位となっていた褌同盟に宣戦布告。

褌同盟のメンバーも、銀龍会と同じ北東。
褌同盟のメンバーは確か151人と多く、さらに引き上げた銀龍会メンバーと距離が近いので
戦争になるとかなりの混戦になるだろう、とあらかじめキーマンとなりそうな人には南西側から援軍が送られた。

そして開戦。
始まると、すぐに予想されていたキーマンのところに攻撃が集中するも、
詰めていた援軍でなんとか防御。

南西メンバーは完全に安全地帯となっていたため攻めに集中できること、
さらに後から知ったことではあるけど、どうやら学園攻略を行っていて
敵主力メンバーの兵力が減っていたことが重なり、1日で形勢が決まる展開に。

しかし、敵の盟主の本拠地には上級兵が20万詰まっている状態で容易に攻略はできない。
さらに、援軍が少しづつ増えていって、どうやら敵同盟員は落ちる寸前に兵を使わずに盟主に援軍を送っているように見える。
その徹底ぶりに何か物凄い覚悟を感じる。

盟主本拠地に援軍が詰まっている場合の攻略法はいくつかあるけど、
一番一般的なのは敵の同盟員を減らすこと。
同盟員が減れば援軍の増量はゆるやかになっていくし、防衛で兵を消耗するし、援軍も戻すかもしれない。
さらに、万が一にも敵盟主への総攻撃が失敗してこちらの兵が溶けてなくなっても反転攻勢されないようにリスクを減らすという目的もあり、敵の同盟員をとにかく落とすしかなかった。

まだまだ油断はできない状態ではあったけど、
すでに形勢が決まっていた状態で一人一人落としていくのだから戦争という気分ではなかった。
しかし、盟主本拠地が固められてる以上はやるしかなかった。1日30~50人は落とした計算だったと思う。

すでに陸上トラック(遠征訓練所)も充実、兵も攻城部隊も自前で用意できる人がほとんどであり
銀龍会戦で0秒着弾のノウハウを得た人がほとんどだったので、次々に攻略が進んでいった。

また同時に、開戦当初からコツコツと盟主攻略の布石を打っていっていた。
それが敵盟主へのsmk。INがあまりできない、戦争に参加できない人には
敵盟主にsmkをどんどん出してもらうように依頼。
成功確率は数%以下、決まれば儲け物、といったような薄い布石ではあったけど、コツコツと続けてもらった。


そして褌メンバーが20人を切ったところで盟主攻略作戦が立案。
偵察班の「偵察大砲」で常時盟主の兵のつまり具合は確認できていたため、
こちらの大砲を申告してもらい、敵盟主に攻撃をぶつけた場合に殲滅しきれるかをシミュレーターを使って計算。
篭城なし、防御スキル+300%の状態で計算して明るい結果が出たためGO判断。


敵盟主の総兵数は23万超え。防御スキルを使うと1千万の大砲でも数%しか削れない状態になる。
この状態でこちらの被害を抑えるためには、以下の3点を徹底する必要がある。

 ・この「本気攻め」が気づかれないうちに兵をできるだけ削る
 ・篭城での被害を抑える
 ・軍防での被害を抑える

「本気攻め」が気づかれない、つまり大砲を撃っても篭城も防御スキルも使われない、
そんな状況で大砲が決まればこれほど効果的なものはない。
勿論、これが決まる可能性はだいぶ薄い。
決まらなくて当然ではあるが、これが決まる確率を少しでも上げるためにやっていたのが、開戦当初からの盟主へのsmk。

常に盟主への敵襲が大量に点いた状態にして、
敵盟主にとって「敵襲が大量に点いてる状態が当たり前」と認識させるために打っていた布石。
初日~3日くらいはまめに敵襲を見たりするだろうけど、
それが日常化したらこまめにチェックしなくなるのではないか、というその1点にだけ賭けた薄い布石。
そして丁度この時、盟主自ら前線に分校を建てて出張ってきていたので、意識は防御から攻撃に移ってるんじゃないか、という期待程度。

そんな程度のもんなので、一番最初の攻撃はあえなく溶けるだろう。
一番最初の攻撃は、もし大砲が溶けてもすぐ回復する+本拠が安全な状態、という根拠で私が撃つことに。

もし篭城が使われれば、後の人の大砲が楽になるから結果オーライ。
軍防を1枚使ってくれても後続で使えなくなるので結果オーライ。軽い防御スキルであしらわれるのが一番きつい。









結果・・・。

















半減。撃った自分もびっくりしたけど、撃たれた方もびっくりしたはず。
布石が効いていたのか、最初の一撃で思わぬ大戦果をあげることに。

これで決定的となり、あとは篭城、軍防が使われても被害が最小になるように
大砲を1人づつ発射、着弾時に同時に偵察が刺さるようにして
1発づつ篭城の有無、使用防御スキルを確認して攻略。(軍防が使われている場合は4時間ずらす)

開戦して4日目、盟主陥落での攻略となりました。


銀龍会、褌と戦争をやったところで共通的に感じたのが、
資源拠点への攻撃、いわゆる村剥ぎが一切なかったこと。これがとても印象的だった。
戦争では資源拠点を潰して兵力を減らす、というのは一般的だっただけに。

資源拠点を潰すのは戦術として有効であり、汚い手でも何でもないけど(戦後に返還しないとか、施設を焼くというのは論外)
お互いに一切資源拠点に攻撃しない今期の戦争は、個人的にとてもクリーンな暗黙の了解だと思った。


11月~12月と、他ゲー含めてずっと戦争しっぱなしだったので、この後はちょっと休憩かな・・・
戦争をしていくと自分のデッキの整ってなさがけっこう浮き彫りになったので
来期までにはその穴を埋められるだけ埋めていこうと思います。

皆様、本当にお疲れ様でした。
ソロ配下になっている人、もうそろそろ戦後処理が動き出すと思うのでお待ちください。







<<コメント返信。 | ホームへ | MCあくしず 【期間限定】第二回 レアリティ『PR』カード販売!>>

コメント:
戦争記お疲れ様。
ウチはリアル含め諸事情であっさり降伏することにしたので、
ネタにもならず申し訳無い。

本音は一度直直接戦ってみたかったな。
瞬殺されただろうけどw
[2012/12/16 10:42] | 子竜 #- | [edit]
お疲れ様でした。
ネタ・・・うんまぁネタにはなったのか。開戦状況の割には皆頑張ってたし私自身楽しめました。
しかし村剥ぎをなかった事にするのはどうかと思いますぉ。
[2012/12/18 21:44] | あき #3fIBvpkA | [edit]
戦争お疲れ様でした~

終始押されまくりだったけど結構楽しめましたよー
ギャバン・ダイナミック砲を落とせたのには驚きでしたw
もっとも籠城中だったのだが(´Д`;)

でも数日でそんなに溜め込んでたとは・・・恐ろしす((((;゚Д゚))))

またよろしくね~( ´∀`)/~~
[2012/12/18 22:16] | 通りすがりの烏賊 #- | [edit]
はよ開放せーや
[2012/12/19 20:29] | 配下A #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://bra3goku.blog.fc2.com/tb.php/278-d9a0c19a
| ホームへ |




最新記事
検索フォーム

スポンサー リンク





figma 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
figma 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

クッピーラムネ  BOX(食玩)
クッピーラムネ BOX(食玩)

MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.Ka

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書 (012Hobby)
はじめてだってうまくいくガンプラの教科書 (012Hobby)

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門 (ホビージャパンMOOK 309)
NOMOKEN extra edition
ガンプラ入門


オンラインポーカーで稼ぐ技術 (上) (カジノブックシリーズ)
オンラインポーカーで稼ぐ技術 (上)

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 (カジノブックシリーズ)
フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

ラストクロニクル 始まりの刻音 公式ハンドブック (ホビージャパンMOOK 522)
ラストクロニクル 始まりの刻音 公式ハンドブック

ラストクロニクル 英魂の讃歌 公式ハンドブック (ホビージャパンMOOK 535)
ラストクロニクル 英魂の讃歌 公式ハンドブック

魔法少女プリティ☆ベル(12) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

競争の戦略
競争の戦略

臆病者のための株入門 (文春新書)
臆病者のための株入門 (文春新書)

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
投資苑 - 心理・戦略・資金管理

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)
利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)

世紀の空売り
世紀の空売り

世界でもっとも美しい10の科学実験
世界でもっとも美しい10の科学実験

読んでいない本について堂々と語る方法
読んでいない本について堂々と語る方法

珈琲の楽しみ方BOOK―豆の選び方・挽き方、ブレンドの仕方がわかる (カンガルー文庫)
珈琲の楽しみ方BOOK―豆の選び方・挽き方、ブレンドの仕方がわかる

美しい盛りつけの基本
美しい盛りつけの基本

美しい盛りつけのアイデア
美しい盛りつけのアイデア

いちばんやさしい フランス料理
いちばんやさしい フランス料理

おとめ妖怪ざくろ 9 (バーズコミックス)
おとめ妖怪ざくろ 9 (バーズコミックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。